監視のカスタマイズと自動化

監視のカスタマイズと自動化

多くのプラグインを持っており、さまざまな環境に対応が可能です。さらにOSSで公開されており、環境に合わせて独自に拡張することもできます。豊富なAPIで開発・運用ツールと柔軟に連携したり、設定をInfrastracture as Codeで管理するなど運用自動化を促進します。

プラグイン

自由に拡張、柔軟に監視

自由に拡張、柔軟に監視

監視エージェントをプラグインによって拡張できます。プラグインはMackerelで公式に提供しているものもありますが、ユーザー自身で独自に作成できます。便利なプラグインができれば公式プラグイン集へユーザー自身がcontributeすることも可能です。
プラグインにはカスタムメトリックプラグイン、チェックプラグイン、メタデータプラグインの3種類があり、ホスト独自のメトリック投稿やメタデータの登録、チェック監視を拡張するなど、幅広い監視に対応します。

公式プラグイン集をインストール
公式プラグイン集をインストールする(Linux系OSの場合)。詳しくはヘルプのミドルウェアのメトリック可視化に公式プラグイン集を使うをご覧ください。

API

コードで管理APIで自動化

コードで管理、APIで自動化

MackerelではInfrastructure as Codeの思想を元に、API設計にも力を入れています。GUI上で行う操作や設定をコード化して自動化することで運用効率の向上を図り、他のツールにも柔軟に連携できるように設計されています。またサーバー運用をサポートする公式コマンドラインツール「mkr」を提供しています。内部的にはMackerel APIを叩いており、mkrコマンドを使うとAPIを生で使うよりももっと便利に扱うことができます。

CLIツールのmkrやAPIでコードによる管理や自動化を助けます
CLIツールのmkrやAPIでコードによる管理や自動化を助けます。

特長

Mackerelが選ばれる理由

  • 圧倒的に手軽な導入

    圧倒的に手軽な導入

    サーバーに監視エージェントをインストールするだけで、すぐにサーバー監視を始められます。

    詳しく見る
  • 育てる監視

    育てる監視

    様々なコミュニケーションツールとの連携によりチームでの情報共有を促進し、システムの状態に合わせて監視を育てるきっかけを作ります。

    詳しく見る
  • 高度な監視

    高度な監視

    複数メトリックの組み合わせや将来の予測値の監視、機械学習を使って過去の傾向から外れた異常を検知するなど、高度なメトリック監視機能を持っています。

    詳しく見る
  • マルチクラウドとコンテナ

    マルチクラウドとコンテナ

    クラウドやコンテナなど、多様なインフラ環境を一元管理できます。

    詳しく見る
  • 監視のカスタマイズと自動化

    監視のカスタマイズと自動化

    プラグインによりさまざまな環境に対応が可能です。プラグインはOSSで公開されており、環境に合わせて独自に拡張することもできます。

    詳しく見る

チームで監視をはじめましょう!